habit 豆知識
~お役立ち情報配信~

2018年8月31日 金曜日

職人さんのレンタルコンテナ活用方法

職人

今やレンタルコンテナの種類は様々で、大きさや使う人、用途によって全く違うので、とても使いやすいものになっています。
ここでは職人さんのレンタルコンテナ使用例や提案をご紹介いたします。

 

場所を選べる

例えば、会社と仕事場の間の場所。
会社の近くや家の近くなど。
お客様が「ココに荷物を入れられたら便利なのに」という場所に、荷物を保管することができます。

イコムでは埼玉県内、さいたま・川口を中心に色々な現場を出店しています。
きっとお客様のがお探しの場所にコンテナがありますよ

仕事道具の保管

仕事道具の例工具の例

工具や資材等の仕事道具や、仕事で使う物、消耗品や日頃よく使う物など、幅広く保管できます。
棚を中に入れると、上まで収納空間として使えます。
棚を設置する際には通路ができるように棚を置くことが重要♪
詳しくはこちら <<【コンテナ】プロが教える収納術!(屋外版)>>

長期保管だけでなく、短期間の保管も出来ます。
自分で棚を作って、工具や仕事道具、資材を保管OK!
是非、自分だけの秘密基地として作り上げてください。

大物資材の保管も出来る

大物資材の例

大物工具や、あまり使わない工具、長い資材、建築資材も保管できます。
大きいお部屋では、倉庫自体の長さが約6M近くもあります。
長い建材や、はしごなど、長さがあって自宅や会社では保管に困る物を保管するのに便利です。

大きいお部屋の場合、入口がシャッターなので、入口を大きく開けて使用することができ、出し入れ楽ちん!

 

24時間出し入れ自由

早朝からの仕事や、深夜までかかる仕事。そんな時でもご安心。
24時間いつでも出し入れ自由です!
誰に気がねすることもなく、作業に取り組むことができます。

仕事前に立ち寄り必要な工具や資材を取り出し、仕事帰りにはまた収納することも可能。

 

車を直接乗りつけ可能

車糊付けの例

屋外型のレンタルコンテナなら、ほとんどの現場が車乗り入れ可能!
コンテナの目の前に車を直接つけて、仕事道具の出し入れが自由にできます。
面倒で車の中に入れっぱなしの道具や、出し入れに疲れてしまうのではないかという心配もありません。
荷物を出し入れの際の移動がないので便利!
(現場によっては乗り付けできない可能性もあります。ご確認ください)

 

 

どうですか?
職人さんにもってこいのレンタルコンテナ!
中に自分で棚を作って、自分だけの秘密基地を作れるのも楽しいですね♪
活用方法はあなた次第! 無限に広がります。

ご用命の際はお気軽にお声掛けください。