habit 豆知識
~お役立ち情報配信~

2017年6月23日 金曜日

『これからの不動産投資』で狭い住宅事情を抱える日本に収納スペースを増やし、地域の社会貢献をしてみませんか?

icom_shuunou201706

はじめに

NISAや個人型確定拠出年金など、個人の資産運用が推進されている現在
投資を様々イメージしている方は多いのではないでしょうか?
我々イコムも現在、収納事業に関する投資オーナー様の募集を行っています。
そこで、今回は少しだけ
なぜ現在収納ビジネスが注目されているのか。
収納ビジネスについてご紹介させていただきます。

収納ビジネスとは

収納スペースを貸し出すビジネスのことです。
当社では建物内で保管するものを「トランクルーム収納」屋外のコンテナ・物置などで保管するものを「コンテナ収納」と呼んでいます。
shuunou_pattern201706レンタル収納スペースは、「居住空間が広がる」として近年首都圏を中心にニーズが拡大しています。

1970年代アメリカより「セルフストレージ」として誕生。「スペースを借りて収納する」ことは消費者にとっては身近なものとして利用され、市場も拡大しています。
日本でも収納ビジネスの市場は拡大傾向にあり、その多くが首都圏に集中しています。
我々イコムは平成11年より収納事業を立ち上げ、現在では埼玉県南部を中心に展開しています。

室内型 トランクルーム収納

セキュリティー対策と空調管理
トランクルームはビル内のスペースであり、セキュリティー対策を行いやすいという特徴があります。
部屋ごとの鍵に加え、建物自体の出入り口にも鍵などのセキュリティーを施すことができ、監視カメラの設置や警備会社のセキュリティーシステムの導入をすることもできます。
空調管理を行いやすいのも、トランクルームの特徴です。
室内のため温度や湿度のコントロールをしやすく、温度変化や湿度変化を避けるべき物の保管にも適しています。
そしてこのような空調管理は屋内型トランクルームならではの設備で、収納スペースにとっては付加価値となっています。
一方で、部屋が建物内にあるため車を目の前まで停める事ができず、基本的に建物の入口からは徒歩や台車を利用した荷物の出し入れとなり、大きな物や重い物の搬入、搬出が屋外型よりは手間がかかるという特徴もあります。

室内型トランクルーム収納の活用事例
~個人のお客様~
湿度や虫に弱い洋服・鞄・靴・本・家具等

~法人及び団体のお客様~
書類やオフィス機器、商品などを保管等

屋外型 コンテナ収納

車を横付けできる。大きな荷物の搬入が可能
貨物用のコンテナを収納用にしたもので、コンテナをアスファルト舗装した場所などに設置し、
収納スペースとして使用します。屋外型は、車を部屋の目の前まで横付けできる良さがあり、重い物でも収納スペースの近くまで運ぶことが可能です。
セキュリティー対策としては防犯カメラや照明の設置が挙げられますが、
室内型に比べ、敷地自体のセキュリティー対策や空調による気温や湿度のコントロールが難しい為
事前にお客様に伝える必要があります。

室外型トランクルーム収納の活用事例
~個人のお客様~
大型の家具や趣味の道具引っ越しやリフォームなどの一時保管等

~法人及び団体のお客様~
法人の利用では、業務で利用する資材や機材をはじめ、さまざまな物を保管。

なぜ収納ビジネスが注目されているのか

日本の住宅事情は世界から見ても「狭い」
狭い空間でいかに居心地の良い空間にするのか
「断捨離」が一時期話題になりましたね。
一般の方やタレントが収納関連の資格を持ち、収納術をメディアで披露している姿を目にする機会も増え、
現在はアプリ一つで手軽に荷物の出し入れができる「サマリーポケット」https://pocket.sumally.com/
などのツールもリリースされ、消費者は様々な工夫をしながら居住空間を見直し快適なライフスタイルを送ろうとしている現状があります。

保管するもので言えば、例えば子供がいるご家庭は季節ものの「お雛様」「兜」等、飾る期間は少ないものの保管しておく期間が長いものだったり、子供の作品を大切にしまってあったり。
スノーボードや夏のアウトドアグッズなどオフシーズンの間は保管する期間が長かったりしますよね。
捨てることがすべてではないにしろ、物を大切にする方は実際に多くいらっしゃいます。
そういった眠った期間が長いけれど捨てられない、大切なもの、必要なものを収納スペースに預けて頂く事によって、普段の居住空間を見直し快適な生活を送るサポートになり、これが社会貢献に繋がるはずだと、我々は考えています。

おわりに

近年、「収納ビジネス」は多くのメディアでも、従来の不動産投資とは違い少額から投資ができ高利回りと話題性があり注目されています。

収納ビジネスをもっと知りたい・現場見学をしてみたい・収納ビジネスの投資も興味がある・という方はメールでもお電話でも直接のご来社でも、お気軽にお問合せください。
より具体的な市場状況や将来性、メディア注目度や話題性などを具体的にご説明いたします。
また、収納ビジネスの投資についてもご興味がある方は一から分かりやすくご説明いたします。
是非この機会に、これからの不動産投資について知って頂けたら幸いです。

<収納ビジネスの投資について質問する>
問合せフォームはこちら

℡:048-799-3200
豆知識一覧TOPバナー   TOPリンクバナー緑3