お知らせ

2019.04.19 記事

衣替えの基本と収納アイデア・豆知識を徹底解説!

春!

春となり、爽やかな風を感じる日が多くなってきた今日この頃。
そろそろ衣替えをしなければ……と面倒に思っている人も多いと思います。
かくいう私もそんな一人。
一人でも面倒だった衣替えを、家族全員分行わなければいけません。
衣替えとは、家をひっくり返しての大仕事なのです。

衣替えは、毎年2回の整理収納を見直すベストタイミング!
冬の間に買い足したお洋服の収納に、サイズが異なり着れなくなってしまったお洋服、流行りに乗ってひとまず買ってみたお洋服などなど……。
前回の衣替えから、ずいぶんと様変わりしていると思います。
この機会に断捨離をしたり、収納の仕方を変えたりと、見直してみてはいかがでしょうか? 
こちらでは、衣替えの基本とあわせて、収納のアイデアや豆知識まで幅広くご紹介いたします。

衣替えには準備が必要です

いざ衣替えをやろう!と決めたら、まずは何をしますか?
まずは洋服をしまう時の注意点とあわせて、衣替えの基本をご紹介いたします。

きれいなクローゼット

きれいなクローゼットにしたい!



1・服の断捨離をする

衣替えは、毎年2回の整理収納を見直す絶好のチャンスです!
不要となってしまった服、ここ数年来ていない服、サイズが合わない服。
流行遅れの服や、逆に流行りに乗って買ってみたものの自分には合わなかった服。
素材の劣化がある服、毛玉がたくさん出来てしまったセーター。
ここ2~3年着なかったお洋服(冠婚葬祭を除く)
上記に当てはまる衣類は、思い切って処分しましょう。

まず最初に必要のない衣類を断捨離すると、この後の手間が大きく省けます。
衣替えは、はじめに断捨離! 鉄則です。

ですが断捨離といっても、ただ捨てるだけではもったいない。
劣化のある衣類以外は、まずはリサイクルショップやフリーマーケットを利用しましょう。
「いつか着るかもしれない」「また太るかもしれない」「また痩せるかもしれない」
こう思っていても、経年劣化等で着ないまま終わることがほとんどです。思い切って、状態がよいうちにリサイクルショップやフリーマーケットに持って行って、少しでも収納用品の資金の足しに、または新しいお洋服の足しにしていきましょう。
太ってしまった人は、痩せた時のご褒美に新しいお洋服を買うことを夢みて、古いお洋服とはおさらばします。
逆に痩せた人は、また太ってしまったときの保険を取らない事で、体型の現状維持を心掛けましょう。

ごちゃごちゃのクローゼット

ごちゃごちゃ……まずは断捨離しましょう



2・衣類の汚れを落とす

前シーズンに衣替えをした衣類を出したとき、「見覚えのないシミがある!」「虫食いしてる!」「黄ばんでいる!」 そんな事はありませんか?
それらの原因はほとんど、汚れを落とさずに衣類を収納した事によるものです。
衣類に汚れやシミ、黄ばみ、食べこぼしなどがあると、それだけでカビや虫喰いを発生させる原因になり、収納保管している間に汚れがひどくなったり更なる変色をしてしまいます。
お洋服やシーツ等の衣類は、必ず仕舞う前に洗濯をして、汚れが残っていないかを見直しましょう!
人間は、夏だけでなく冬でも汗や皮脂が出ています。夏物衣料をしまう時だけでなく、冬物も仕舞う前の洗濯を徹底します。

3.仕舞う前に虫干しをしましょう

洗濯をした衣類は、更に虫干しを行います。
虫干しとは、室内で1着ずつハンガーにかけて衣類を干すことです。
干すことによって虫食いから衣類を守るお手入れ方法の1つです。
天気が良く爽やかな日に、2~3時間ほど乾燥させます。
虫干しを行うと、衣類などへの虫食いの予防にもなり、洗濯しただけでは気付かなかった汚れや傷みを確認できます。

ですが雨が降った翌日や、湿気を含んでいそうな日はNG。
空気が湿気を含んでいる為、晴天が2~3日晴天が続いている日に行いましょう。
時間帯は午前9時~午後3時あたりまでがベストです。
長時間干したままでいると、ホコリをかぶってしまったり日焼けを起こしてしまうため、その日のうちにすぐに取り込みます。
日光、特に西日や蛍光灯がまぶしい部屋だと色焼けを起こしてしまう事があるため、干す場所にも気を付けましょう。

クリーニングのビニールカバーも外して行いましょう。

4.すぐに収納!

衣類の洗濯・虫干しを行ったら、圧縮袋や衣装ケースに衣類を仕舞います。
セーター等のかさばる衣類や、虫食いを避けたい大切な衣類は、虫が入れないように圧縮袋に保管します。
最近では100均でも圧縮袋を取り扱っており、多様なサイズが展開しています。
我が家でもつい昨日、掃除機を使用しないタイプの圧縮袋を100均で大量に仕入れました!
手軽に使えるので、大切な衣類を守るためにもどんどん使ってしまいましょう。
それ以外の衣類は、衣装ケースにまとめて収納で問題ありません。

すぐに収納

すぐに収納しましょう!



5.防ダニシートを活用

ここでも100均が大活躍!
100均の防ダニ(防虫)シートを、衣装ケースの中や、布団や毛布に挟んでおきましょう。
防ダニ(防虫))剤は空気より重いので、衣類より上に置くか、間に挟むようにしましょう。
虫干しと合わせてダブルの効果で、虫食いの原因となるダニを寄り付かないようにします。
小さなお子様がいるご家庭では、天然成分配合の防ダニ(防虫)剤にしましょう。
衣類は直接肌に触れますので、同じ100均製品とはいえ、天然成分配合の防ダニ(防虫)シートの方が安心出来ます。
我が家ではシリカゲルでできた、防ダニ除湿シートを使用しています。除湿シートは天日干しをすればまた繰り返し使用できるため、衣替えの度に干します。

ここで注意点!
違う種類の防虫剤を一緒に衣装ケースや圧縮袋の中に入れると、成分の違いから液モレが起こることがあります。
更にその液モレが、せっかく洗濯して虫干しをした大切な衣類のシミ原因に!!
違う種類の防虫剤は一緒に使わず、一種類だけを使うようにしましょう。

6.除湿対策

洗濯して虫干しして収納して防虫シートを入れてバッチリ!と思いきや、まだ黒カビ除湿対策も必要となります。
面倒なのでやらない人もいるかもしれません。かくいう私も昔はやっていませんでした。
ですが押入れやタンスは湿気がこもるもの……。
仕上げに除湿対策もしっかりと行わないと、大切な衣類を久しぶりにケースから出したら黒カビが生えていた!という悲劇を防ぐことが出来るのです。
大切な衣類に黒カビが生えて残念なことになる前に、衣替えの段階で備えておきたい「除湿」。
ですがこれはとても簡単!
ただ「場所にあった除湿剤」を選び、配置するだけ!

除湿対策1)押し入れ・洋服タンスを「除湿剤」を置き、直接除湿をする
除湿対策2)クローゼットに「除湿剤」を置き、直接除湿をする
除湿対策3)タンス・衣装ケース・圧縮袋に「除湿シート」を活用する
除湿対策4)布団に「除湿シート」を挟んで除湿をする

それぞれの適材適所に合わせて、除湿剤を選びましょう。
ここでもさらに100均が大活躍! 
吸った湿度の水位で取り替え時期がわかりやすいタイプも沢山ありますので、適時交換もしていくと尚良しです!

7.たたみ方

衣装ケースやタンス、引き出し式の収納ケースに仕舞う場合には、下から上に積み上げていくのではなく縦に立てるように入れる方が探しやすくて便利です。
衣装ケースのサイズに合わせてたたんで詰め込みましょう。
セーターなどの厚みがある衣類は、圧縮袋に入れるのがベストですが、衣装ケースにしまう場合には巻いて筒状にするとコンパクトになります。

8.8割までの収納にする

クローゼットにハンガーで収納する場合でも、衣装ケースを使用して収納する場合でも、
衣類を詰め込むのは8割までとしましょう。

詰め込みすぎると、取り出した時にシワクチャになってしまっていたり、形が崩れてしまったりと、残念な結果になってしまいます。
更には湿気がこもってカビの原因にも……!
沢山詰め込みたい気持ちは分かりますが、少し余裕をもって収納しましょう。

9.溢れたら収納用品を見直す

ここまできれいに衣類を仕舞ったものの、
「衣類があふれてる!」 「しまいきれない!」 そんな事になっていませんか? 
既に断捨離をした後だからこれ以上は減らしたくない、洗濯も虫干しもしたせっかくの大切な衣類を捨てるのはもったいないですよね。

衣類があふれてしまった場合には、まず収納スペースの見直しをしましょう。
クローゼットや押し入れを開けて、よく見てみましょう。そこに小さな隙間……デッドスペースがあるのではないでしょうか?
デッドスペースも収納スペースに変えることができれば、グンッと収納量が増えますので、ぜひ収納用品を見直してみましょう。
一番簡単な方法としては、収納ケースを同じシリーズでそろえるだけでも、デッドスペースを減らすことも可能です。
更にクローゼットに吊り下げ収納を活用するなどすれば、収納力を簡単に上げることが出来ます。

10.それでも収納場所が足りない!

収納用品を見直しても、デッドスペースを強力減らしても、それでも衣類が溢れてしまう……。
押し入れの中にはシーズンものの家電が沢山入ってるから、お洋服をしまう場所がない……!
子ども達の洋服が多すぎて、自分の洋服をしまう場所がない!
どんなに頑張って収納しても、質量保存の法則には適わない、やっぱり入らない。
そんな方には奥の手!誰でも手軽に使えて「もう一つの押し入れ」と評判のトランクルームの利用をオススメいたします。
屋内型のトランクルームなら、運営会社によりますが凡そ空調設備が完備しているので、家の押し入れよりも圧倒的にカビの発生が防げます。

11.トランクルームとは?

レンタル収納スペースのサービスは、大きく分けますと以下の3つです。

  • 屋内型トランクルーム(衣類保管におすすめ)
  • 屋外型レンタルコンテナ
  • 宅配型トランクルーム
トランクデイズ トランクデイズ2

屋内型トランクルームは、ビルやマンション等の建物の中に設置されています。
屋外にむき出しではなく、建物の中にあるため、多くの場合空調設備も整っています。カビが生えづらく、衣類、書類・精密機器、さらには骨董品等の保管も行えます。



イコムの屋内型トランクルームは、首都圏、埼玉県を中心に多数展開しております。
会社や家の近くにあるトランクルームは、ぜひコチラでご確認ください。



屋外型レンタルコンテナは、輸送コンテナを収納専用に加工して設置し、荷物の保管庫とします。
車を横づけして荷物の搬入を直接行うことが可能です
資材の保管、大型家具の保管、バイク収納等の使用用途があります
ただし雨風が入り込む事はありませんが、屋内と違い屋外にむき出しの為、外気影響を多く受け、湿気対策も必要となります。



宅配型トランクルームは、段ボールの中に荷物を詰め込み、宅配便で業者に送付し、業者の保管庫内に保管してもらうサービスです。
荷物の出し入れは、業者を通じて宅配便で行います。
少額で利用が出来ますし、荷物の出し入れも業者が行ってくれる為、とても便利です。
ですが、トランクルームには当たり前に適用されている保険が適用されない事があります。
また業者を通じての出し入れとなる為、思いついたときにすぐに荷物を取り出すことはできません。
また大きい荷物や精密機器・貴重品等は預けられない事が多いです。

きれいな部屋

きれいな部屋になりたい……!



12.どんなものを収納できる?

ここでは主に屋内型トランクルームについて解説をいたします。
布団等の大物衣類や、衣替えごとに衣類を保管する事にももちろん適しておりますが、家の押し入れを圧迫しているシーズン家具家電の保管にも適しています。
こたつやファンヒーター、ガスストーブ、加湿器等の冬にしか使わない暖房器具の収納場所として。
スノーボードやスキー用品等、ウィンタースポーツの保管や、スノーダンプ等の雪かき用品、冬用タイヤ、かさばる防寒具等の保管、子どもに見つかりたくないクリスマスプレゼントの保管、お歳暮の一時保管場所としても利用できます。
夏にしか利用しない、扇風機やかき氷機、サーフボードやボディーボード、ウェットスーツ、浮き輪。こども用のビニールプールや、キャンプに使うテントや寝袋。バーベキューコンロにクーラーボックス等も、家で保管をするにはかさばるものが沢山ありますよね。
そんなかさばる道具をトランクルームへ収納することにより、家の中をスッキリ快適にすることが出来ます。

運営会社にもよりますが、凡そ24時間365日出し入れが可能なので、思いついたときにすぐに取り出すことが出来て、また仕舞うことも出来るのが最大のメリットです。
キャンプやスポーツ、アウトドア等にしか使わない荷物は、出かける前にトランクルームに寄って荷物を取り出して、帰りにまたトランクルームに預けるという流れで利用すると、家の中はいつも快適に過ごすことが出来ます。

何を収納したいのかの利用目的に合わせて収納部屋の広さ(帖)を幅広く、予算と合わせて選ぶ事が出来ます。

トランクルームの利用を考えた場合、まずは何をどのぐらい預けたいかをよく考え、実際に預ける荷物をまとめてどの程度の広さが必要か確認をしましょう。
ここで大事なのは縦横だけでなく、高さも確認しておくことです。
ウェブサイトで大体の広さは確認できますが、実際に目にしてみると思った広さと違う場合が多い為、急ぎでないようでしたら、出来るだけ直接自分の目でお部屋を確かめた方が良いですよ。
お家を快適に、衣替えをもっと楽しくするためには、かさばる荷物は是非トランクルームにお預け下さい。

13.イコムのプライベートブランド「トランクデイズ」

イコムのプライベートブランドの収納レンタルスペース。「トランクデイズ」はご存知でしょうか?


トランクデイズ外観 トランクデイズlogo

一般的に、屋内型トランクルームの月額利用料金は、2,000円〜50,000円程度と幅広く、部屋の広さ以外にも様々な要因による価格変動が起こります。
警備システムが入っているか、いないか。
空調設備が整っているのか、駐車場があるのかないのか。
部屋は何階にあるのか、立地はどこか、清掃管理をしているか。などなど。

イコムのプライベートブランド「トランクデイズ」では、全ての施設が、空調設備完備。駐車場完備!
警備システムによるセキュリティも完備しております。
価格は部屋の広さのみの違いなのです。

トランクデイズ中川 トランクデイズ中川2

いつでも現地内覧、即日契約、即日見学可能!(※事前お問い合わせ下さい)
定期巡回、清掃管理温度・湿度管理も完備しております。
電子錠により入退室管理を行い、監視防犯カメラを設置
人感センサーによる場内灯が部屋を照らすため、夜中でも明るい室内です。
搬入サービス利用可能な施設が多い為、荷物を収納する事も楽々です。
24時間利用可能のため、明け方アウトドア用品を取り出してお出かけする事も出来ますし、帰りに取り出した用品をしまって帰る事も可能です。


また、お近くにない場合には、「家の近くに作ってほしい!」 「会社の近くに作ってほしい!」 等のご意見をぜひお聞かせください。

14.キャンペーン実施中!

トランクデイズを含め、トランクルームのレンタル費用は、部屋の広さが基準となっております。
ですが実は、月額費用のほかに、初期費用や月額料金、保証料、鍵代などなど……。
部屋の料金以外にも、様々な料金が必要です。

今ならレンタル収納スペースを始めるチャンス!
限定キャンペーンを実施しております。
とってもお得にレンタル収納スペースを始められるキャンペーンで、お気軽にレンタル収納スペース生活をはじめられます!

※上記キャンペーン以外にも、さまざまな割引やプラン等がございます。
現在行われている割引内容につきましては、下記一覧ご覧いただくか、お問い合わせの際にご相談下さい。

実施中のキャンペーン一覧



15.計算書を作成依頼

色々とプランやキャンペーンがあって、どのくらい実際にお金がかかるのかわからない……。
問い合わせをしたらすぐに借りなくてはいけないのかもしれない……。と、ご不安の方は、無料で計算書を作成してお届けしております。
お気軽に、計算書作成依頼をご利用ください。

計算書の作成依頼

ご依頼を頂きましたら、翌営業日までに担当者よりお電話又はメールにて
確認のご連絡をさせて頂きます。
ご不明な点などございましたら、その際に担当までお訪ねください。

お問合せ

お気軽にお問合せ下さい。
お問い合わせをいただいた当日(もしくは翌営業日)にお電話させていただきます。

お電話でのお問合せ・・・0120-109-156
(平日9:00~18:00 / 土日祝日9:00~17:00)

メールでのお問合せ・・・コンタクトフォーム